デートのようにお金をかけなくても幸せな時間は見出せる

お金をかけなくても2人の充実した時間は作れるということを知るだけで、選択肢は広がりますよね。

例えば私たち夫婦は、スーパーへの買い物は2人で行き、何を食べようか相談しながら買います。夕方にはティータイムとして、何気ない会話とゆっくりとした時間をダイニングテーブルで共有します。

こういったささやかな時間の積み重ねで、日々の幸せは十分感じられますよ。

◆マンネリは幸せの裏返し

よく結婚して数年経つDINKS夫婦が悩みがちなのが「マンネリ化」。

夫が休みの日でも寝てばかりで、これといった楽しみがないという夫婦が多いですが、これは見方を変えると夫が安心して信頼しきっている証。

夫婦の幸せは「2人で楽しいことをする」だけが全てではありません。

お互いを認め尊重し納得して過ごせるようになると、お互いに感謝の心を保てるのではないでしょうか。

◆どんな休日にも暇を楽しむヒントはある

上に述べてきたように、DINKSが休日に自分自身を満たす方法はたくさんあるのです。

たとえ夫が協力的でなくても、楽しみを見つけられるかどうかはあなたの工夫次第。

また、お互いに仕事をもっているDINKS夫婦だからこそ、お互いを尊重し休日は無理しないで過ごせるのが一番。

「小さな工夫は忘れず、がんばりすぎない」これがDINKS夫婦の休日を充実させるコツかもしれませんね。